スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フルボイス祭り】フルボイスサガフロンティア・ブルー編 最終回



今までお付き合いしてくださった方々、本当にありがとうございました!!

追記で反省文
>「一人で行くつもり?危険よ、やめなさい!」
皆様は、第一話でも、エミリアが「やめなさい!」とブルーを制止したシーンがあったのを覚えているでしょうか?
あの時のブルーは、エミリアの圧力に押され、やめましたが、今回はやめませんでした。
それは、第一話の時は、キングダムの使命を果たすために・・・という理由で実行しようとしていました。なので、ブルー的な意思はそこまで強くないということです。
今回は、最終的にはブルーが決めたことです。誰が何と言おうと、俺は地獄の敵を倒しに行くんじゃ~!!という強い意志があるので、エミリアの制止を振り払いました。
その意思表示が、ブルーのセリフ「自分で決めたことだ」です。
ところで、MATSUNAGAのこの演技は神掛ってると思うんだ。

>「そんなに、強く抱きしめないで」
ブルーからの初めてのスキンシップです。
ブルーは、今まで、仲間たちに対する感情を、素直に表現していきませんでした。しても、それは第三者にぶつける程度に抑え、本人には直接ぶつけることはしませんでした。
でも、今の自分にキングダムは関係ない。そして、最後だからということで、ブルーは、感情のままにエミリアを抱きしめたというわけでございます。
ところで、MATSUNAGAのこの演技は神ry

>「ありがとう、エミリア。そしてすまない、さよなら」
ブルーが、初めてエミリアの名前を呼んだシーンです。
ちなみに、第七話ではリュートを、第八話ではゲンの名前を呼んでいます。本当はサンダーも呼ばせたかったんですが、なんにもエピソードが思いつかなかった・・・。ごめんね。
初めて名前を呼んでくれたのに、その後の言葉が、謝罪と別れの言葉であり、それはエミリアの悲しみを増幅させることとなるのです。ブルー的にはやることやったぜということなのですがね。

>地獄でのやり取り
裏解体真書で、「ブルー編の地獄は、クーン編に出てきた指輪によって作られた」とう設定があったので、それをもとに妄想を作り上げました。

>暗幕
これは、とある方の作品の、最終話みたいな盛り上がり方にしたいなと最初から思ってました。
ブルーの決意表明の裏で、サガフロのメインテーマを流すという流れにしたかったのです。

>「神様。どうか生まれてくる子供たちがry」
本当は、七話のラストの、くめじろう様のセリフの後に入れる予定でしたが、なんかくめじろう様のセリフで終わらせたくて、八話に先送りしました。
でも、八話でも、くめじろう様のセリフry
で、最終的に今の形になりました。
ちなみに、八話のラストのくめじろう様のセリフは、奥さんがずーっとあのセリフを言っているのを知っているので、全キングダムの双子の、一人でもそうなればいいねという思いを持ってました。
ブルーが「大好きな仲間たちのいる世界を守るため」って行った後の「そうか、それでいい」というセリフは、そういう思いが込められています。
ちなみに、ゲーム本編での「お前たちは本当の・・・」というセリフをカットしたのは、ただ単に、あそこで本当の双子だというのが気に入らないからです。あのセリフの代わりに、くめじろう様と奥様が存在するのです。ひどいね☆

>ラストバトルの前の仲間たちの様子
仲間たちがブルーの生還を祈る様子的なものがしたかったの。それだけ。
ところで、ここのMATSUNAGAの演技は神ry

>ラストバトル
戦闘をバックに、ED曲&クレジットを流す卑怯な演出。
一応、戦い方にも少しばかりの意識がありまして、仲間たちの技で攻撃しています。
ロザリオインペール→アセルス(ロザリオインペールはアセルスのイメージという意識が強いので)
三龍旋→エミリア
無月散水→リュート
三花仙→ゲン
幻夢の一撃→サンダー、白薔薇等の妖魔達
みたいな感じです。
第五話あたりでやたらと主張していたのはこのためです。
なお、オーヴァドライブ、魂のルーン、シャドウサーバントについては攻略的に使っただけですごめんなさい。

>エンディング
第四話が伏線でしたの巻。
ちなみに、レストランで食事をしたあと、リュート編のラストバトルが行われると各自妄想してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おーた

Author:おーた

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。